ルシオ:「イブラとプレーできるのは幸せ」

インテル移籍の喜びを語る
16日、バイエルン・ミュンヘンがインテルへの移籍を発表したブラジル代表DFルシオ。だが、インテル側はこれを受け、正式決定には至っていないと明かしている。

インテルの補強担当オリーアリ氏は、「まだ交渉中だよ。といっても、今日にでもまとまるかもしれないがね。現在は話し合っているところで、まだ合意には至っていない」とコメント。一方、モラッティ会長も「まだオフィシャルではない。私が知る限り、決定はしていないよ。デコとリカルド・カルバーリョ(チェルシー)は諦める?40人の選手を抱えることはできないからね…」と語った。

しかし、ルシオ本人は16日のうちにすでにミラノ入りしており、メディカル・チェックに向けて準備している。同選手は次のようなコメントを残し、新天地となるインテルでの意気込みを明かしている。

「世界でもっとも重要なクラブのひとつに入れて、とてもうれしく思っている。モウリーニョ監督に指揮してもらい、イブラヒモビッチとプレーすることを、僕はずっと夢に見てきたんだ。彼のプレーを見てきたけど、対戦相手としてではなく、チームメートとして一緒にやれることは幸せだね」