フェリペ・メロ代理人:「インテル移籍の可能性は消えてない」

移籍の可能性を否定せず

フィオレンティーナに所属するブラジル代表MFフェリペ・メロの代理人を務めるクラウディオ・パスクァリン氏が、フィオレンティーナのファンに対し、今夏の移籍市場で2選手を失う可能性があると警告している。

イタリア『Corriere Canadese』に、パスクァリン氏は、GKセバスティアン・フレイにバイエルン移籍の可能性があると明かしている。また、ミラノ勢からの関心が伝えられるMFフェリペ・メロには、インテル移籍の可能性があるとコメントしている。

「もし私がヴィオラのファンなら、プレシーズンのトレーニングキャンプが始まるまで、不安で震えているだろうね」

「メロの移籍は起こりうることだ。結局は、コルヴィーノ氏が設定した2500万ユーロを支払うかどうかなんだ。可能性があると判断されれば、いくつかのクラブが獲得を真剣に検討すると思う」