ガッリアーニ副会長:「ピルロへのオファーは受け入れない」

ピルロ残留を強調

移籍が噂されるMFアンドレア・ピルロの去就について、ミランのガッリアーニ副会長が、いかなるオファーも受け入れるつもりはないとコメントし、ファンを安心させている。

ピルロには特にアンチェロッティ前ミラン監督が指揮を執るチェルシーへの移籍が取り沙汰されている。しかし、ガッリアーニ副会長は、『milannews.it』で、7月6日に始まるトレーニングにピルロが参加するとしている。

「我々はピルロに対するいかなるオファーも受け入れなかった」

ピルロの去就に関しては、同選手の代理人を務めるティンティ氏も、移籍に関する噂についてはコメントせず、「ピルロはミランのプレイヤーだ」と、残留を強調するコメントを残している。