ユーヴェ会長:「ウディネーゼとの関係は冷えている」

レデスマへの関心は否定

ユヴェントスはウディネーゼMFガエターノ・ダゴスティーノの獲得を目指しているが、本人の移籍希望とは裏腹に、ウディネーゼ側との交渉が難航している。29日、ユーヴェのコボッリ・ジリ会長はイタリア『スカイ・スポーツ』に対し、あらためてダゴスティーノ獲得が難しいとの見解を示した。

「関係は非常に冷え切ってしまっている。ダゴスティーノのことだよ。ウディネーゼに対しては常に大きな敬意を払っているがね。(代役として獲得が噂されるラツィオMFクリスチャン・)レデスマ?いやいや、別の選手だよ。左サイド?そこまでハッキリと探しているわけじゃない。まずはMFの問題を片付けなければいけないんだ」

『スカイ・スポーツ』によれば、現在ユヴェントスがダゴスティーノの代役として考えているのは、昨夏も関心を示していたリヴァプールMFシャビ・アロンソと、レンヌMFステファーヌ・エヌビアだという。