ダゴスティーノ、ユーヴェに最終勧告?

国外移籍を示唆

ウディネーゼMFガエターノ・ダゴスティーノが、今年の夏の移籍市場で同クラブを離れる意向を再度強調している。

これまでダゴスティーノにはユヴェントス移籍の噂が繰り返し伝えられてきたが、現時点で移籍は決定していない。そのためダゴスティーノはクラブのポッツォ会長に対し、ユヴェントスへの移籍を早く認めるよう望んでいる。

ダゴスティーノはイタリア『Tuttojuve』で、次のように語っている。

「何が起こっているかはわからない」

「僕に言うことができるのは、バカンスの前に会長と話をして同意することができたということ。だから落ち着いているよ」

「イタリア国内のユーヴェ以外のクラブへの移籍については話さない。ミランでもね。ただ、国外への移籍の可能性は除外しないよ」