ニュース ライブスコア

ミラン、ピルロとガゴのトレードを画策?

スペイン『エル・ムンド・デポルティボ』が報じたところによると、ミランがレアル・マドリーMFフェルナンド・ガゴの獲得を目指し、MFアンドレア・ピルロとのトレードを考えているという。

カルロ・アンチェロッティ監督のチェルシー就任に伴い、チェルシーへの移籍が取りざたされているピルロ。ミランのベルルスコーニ・オーナーは先日、同選手の放出も厭わないことをほのめかしている。また、今夏ミランからレアル・マドリーへ移籍したMFカカーも、ピルロがミランを退団する可能性について尋ねられると、「クラブに獲得を勧めるよ」とコメントしている。

ミランはフィオレンティーナMFフェリペ・メロへの関心も報じられているが、『エル・ムンド・デポルティボ』はガゴへの興味がF・メロへのそれを上回ったとしている。なお、ガゴはアルゼンチン人だがEUのパスポートを所持している。マドリーはガゴに1500万ユーロの評価をつけていると言われ、ピルロとのトレードであればオファーに耳を傾けるはずだというが・・・