G・ロッシ:「ミランのファンだった」

ユヴェントスが獲得に強い関心も

ビジャレアルに所属するイタリア代表FWジュゼッペ・ロッシが、自身が幼い頃、ミランを応援していたことを明らかにした。

そのため、G・ロッシは、いつかミランの赤と黒のユニフォームを身にまとい、憧れていたスーパースターたちのようなプレーを披露することを願っているようだ。

G・ロッシは、イタリア『Gazzetta dello Sport』に次のように語っている。

「僕はずっとミランのファンだった。アイドルはグーリットとファン・バステンだったよ」

「もしガッリアーニ副会長が電話をしてきたらどうするかって?たぶん、こんにちはって答えるよ」

なお、G・ロッシに対しては、ミランよりもユヴェントスが獲得に強い関心を示していると伝えられている。