ニュース ライブスコア

ミランがカッサーノ獲得を視野に!?

アーセナルFWアデバヨールかヴォルフスブルクFWゼコでのストライカー補強を目指していると言われるミラン。だが、ミランが獲得目標にしている前線の選手は、彼ら2選手だけではないようだ。インテルからの関心が報じられるサンプドリア所属のFWアントニオ・カッサーノの獲得も検討中であるという。

特にカカー売却を決断してからのクラブ首脳陣は、フィジカルに優れるゼコ獲得に力を注いでいることが伝えられている。先日にはゼコ本人がミラン移籍に前向きなコメントを残し、ミラン移籍が迫っていることをうかがわせていた。しかし、ヴォルフスブルクのマールバッハGM(ゼネラル・マネージャー)は「ゼコは放出できない」ことを明言しており、両クラブの交渉は難航している。

3000万ユーロを要求するヴォルフスブルクに対し、ミランは2200万ユーロにDFカラーゼを加えたオファーを提示。両者の要求には差があるため、今のところ引き抜きは困難が予想されている。しかし、ミランのガッリアーニ副会長は「もし彼らの気持ちが変わらないのであれば、我々が獲得目標を変更するまで」と語った。その目標というのがアデバヨールであることは言うまでもないだろうが、アーセナルが簡単に手放すことも考えられないだろう。

そこで、ミランはカッサーノ獲得を検討し始めたようだ。同選手の代理人であるボッツォ氏は、イタリア『sportal.it』に対し、移籍の可能性を示唆した。

「一般アンケートの結果を見たが、ミランファンはアントニオの獲得を快く思っているようだ。だが、この話題について動きがあるとすれば、ミラン首脳陣しだいだろうね」

カッサーノの移籍金は2000万ユーロと比較的安価で獲得することができる上、セリエAを知り尽くしている同選手の補強はミランにとって非常に有益であると言えそうだ。しかし、獲得までにインテルとの争奪戦を制さなければいけなことも忘れてはいけない。

ソース:『イル・ジョルノ』紙