ニュース ライブスコア

マイコン代理人がクラブへの不満を明かす

FWズラタン・イブラヒモビッチのバルセロナ移籍が注目されているインテルだが、一方で守備の選手にも問題が存在していたようだ。DFマイコンの代理人が10日、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のなかで、同選手の契約内容に関する不満を露わにしている。

マイコンは現在、年俸350万ユーロを手にしているが、アントニオ・カリエンド代理人はこれが少なすぎると考えているようだ。『ガゼッタ』のなかで同代理人は、インテルのファンに対して次のようなメッセージを送っている。

「インテルのファンに知らせておきたい。彼らのお気に入り(マイコン)がシステム的にインテル幹部から軽視されているということをね。そして私は少なくとも3~4週間前から会談しようとしているんだ。こんな風な振る舞いはダメだよ。私はマイコンに対するさらなるリスペクトを求めたい」