ニュース ライブスコア

カッサーノ代理人が残留を強調

ユヴェントスやインテル、ナポリといったクラブへの移籍が噂されるサンプドリアFWアントニオ・カッサーノ。だが、同選手の代理人ボッツォ氏は『Blogosfere』に対し、カッサーノが移籍を考えていないことを強調している。

「パーセンテージを口にするのは危険だね。私はすでに、アントニオがジェノヴァで非常にうまくいっており、サンプドリアやマロッタ代表取締役、ガッローネ会長らと深くつながっていることを言ってきたはずだ。彼に出て行くつもりはない。ハッピーなんだよ」

またボッツォ代理人は、これまでにカッサーノに対するオファーが届いていないことも明らかにした。

「現時点でオファーはない。少なくとも、私の知っている限りではね。偽善的でいる必要はないはずだ。オファーがあれば検討する。だが、繰り返しておくよ。アントニオはサンプのファンからどれだけの愛情を受けているかを知っている。そして、サンプドリアが彼を失いたくないと思っていることもわかっているんだ。現時点で彼の移籍を話す理由なんてないと思うね。状況が来ればクラブと検討するが、そのためには現状を改善できるような解決策でなければいけない」