ニュース ライブスコア

ダゴスティーノ:「フェラーラ監督にウィンクされた」

6日に行われた国際親善試合で、北アイルランドを3-0で下したイタリア代表。この試合でチームの勝利に貢献したウディネーゼ所属のMFダゴスティーノは、以前からユヴェントス移籍が騒がれている。ダゴスティーノ本人はまだ契約は決まっていないと明かしながらも、ユーヴェ移籍に関心があることを仄めかした。

「数日前にも言ったけど、僕がウディネーゼを離れことになるのは、ビッグクラブからの呼びかけがあるときだけさ。ユヴェントスがビッグクラブであることは確実だよ。でも、まだ彼らの契約書にサインはしていない。実現すれば、とても冷静になれるのは確実だよね」

「フェラーラ監督は代表合宿から去る前に、僕にウィンクをしていったよ。いいサインであったと信じてる。ユヴェントス移籍は僕にとってビッグチャンスだと思う」

また、同選手は北アイルランド戦を振り返り、試合の感想を明かしている。

「代表デビューはとても嬉しかった。コンフェデレーションズカップのメンバーに残れなければ、何も意味はないけどね。試合中はできるだけチームメイトたちと話し合うよう心がけていたし、チームに貢献したいと思っていた。コーナーキックのチャンスをポストに当ててしまったのは残念だったよ」