カターニアがアルゼンチン人MFを獲得

バリエントスの移籍でFCモスクワと合意

ゼンガ監督の退任が決まっているカターニアが、来季に向けた補強に成功している。同クラブは、FCモスクワからアルゼンチン人MFパブロ・バリエントス(24)を獲得したと発表した。

 

「カターニアは、FCモスクワとパブロ・バリエントスの完全移籍についての取引を完了しました。6月3日に公式文書にサインし、4年の契約が結ばれることになります」

 

同選手は母国のサン・ロレンソで活躍し、2006年からFCモスクワに移籍していた。しかし、昨季はレンタルでサン・ロレンソに復帰していたところだ。2月にヒザの靭帯を負傷した同選手は、8月末に復帰を果たす見込みとなっている。