クレスポ代理人、フィオレンティーナとのコンタクト認める

「関心はある。これから決めていかないと」

シーズン後のインテル退団が決定的なFWクレスポは、先日からフィオレンティーナへの移籍が濃厚と報じられている。一度はフィオレンティーナとのコンタクトを否定した同選手の代理人も、18日にはヴィオラからの関心があることを認めた。

 

ただし、まだ正式な移籍内定には至っていないようだ。イダルゴ代理人は次のように述べた。

 

「我々はフィオレンティーナのクレスポに対する強い関心を知っているし、喜んでいる。どうすべきか、彼と一緒に決めていかないといけないね。決定を下すには少し時間が必要だよ」

 

だが、クレスポは以前からイタリア残留希望を口にしており、フィオレンティーナが来季のCL出場に近づいていることも大きな魅力とみられ、イタリアのメディアはクレスポのヴィオラ移籍がほぼ確実との見方を示している。