サネッティ:「スクデットにふさわしかった」

インテル、白星で優勝を飾る

17日に行われたセリエA第36節、インテル対シエナの試合は、3-0でホームのインテルが勝利を収めた。前日の試合でミランが敗れ、4年連続の優勝が決まったインテルは、前半終了直前にカンビアッソのゴールで先制。52分にはフィーゴのパスから抜け出したバロテッリが加点すると、76分にエースのイブラヒモビッチがダメ押しとなる3点目を奪った。

 

試合後、キャプテンのMFサネッティはイタリア『スカイ』のインタビューで、スクデット獲得への喜びを表すとともに、インテルが優勝にふさわしかったことを強調している。

 

「とても特別な優勝祝いだ。4年連続で勝つことは簡単じゃないからね。チームはこのスクデット獲得にふさわしかったと思うし、こんなに嬉しそうにしているファンを見られたことがとても重要なんだ」

 

-モウリーニョ監督はあなたに最も驚かされたと言っていました。あなたにとってはどういう意味を持ちますか?

「とても嬉しいよ。監督とは最高の関係にあるんだ。今年はチーム全体が自分たちの力を認識していることを示せたと思う。今季のリーグ戦に勝ちたいという意欲をずっと表に出していたし、そして結果を出したんだ」

 

-採点では何点をつけたいですか?

「採点はしたくないんだ。自分がコンスタントにやってきたことにとても満足しているよ」

 

※セリエAの結果・順位表はコチラ