モウリーニョ:「最強だから優勝できた」

喜びを露わにする指揮官
16日のウディネーゼ戦で2位ミランが敗れたため、17度目のリーグ優勝が決まったインテル。モウリーニョ監督はクラブ関係者に感謝を述べ、セリエA初挑戦でのスクデット獲得に満足感を露わにしている。

「リーグ戦というものは最強のチームが制するものだ。私は優勝できてもできなくても、常にこう言ってきたはずだ。しかし今は冷静でいたいし、みんなと幸せを分かち合いたい。みんなに感謝したい。スタッフや倉庫の管理人、そして洗濯をしてくれる裏方さんたち、そして今ここにいないアドリアーノやクアレスマらの選手にも感謝したい」

「インテルの歴史で私よりいい結果を出した指揮官は多くいるし、私はサッカーを知っている。結果を出せずしてこの興奮は生まれないんだ。だからこそ、私はこの道を進み続けなければいけない。ファンのハートに残り続けるためにもね」

「継続性をもち、チームを鼓舞し、ファンのハートを掴むやり方が私は異なっていたんだ。からかうために言っているのではない。私はイタリアに来て1年目でスクデットを獲得した。我々指揮官が時間が必要と言うのは本当のことだからね。まずは満足だよ。セリエA20チームの中で唯一の外国人指揮官であることを考えれば、もっと嬉しいね。この優勝をもって、私は3カ国で5つのタイトルを手にしたことになる。トラパットーニ監督は4カ国で成功を収めたが、ヨーロッパの3大リーグのうち2カ国で成功していたのはカペッロ監督だけだった。私はまだ20年は働ける。少なくとも20年だ」

「リーグ戦で楽な試合を戦った記憶はない。それにミランとユヴェントスは昨年よりも強かったはずだよ。素晴らしいシーズンだった。そして我々のチームで7、8選手がほぼ全試合に出場していたことは見事だったよ」

また、ファンからCL優勝が求められているインテルだけに、モウリーニョ監督は移籍の噂されているFWイブラヒモビッチを引き止める必要があると考えているようだ。さらに、クラブにはチームの補強を訴えている。

「CLの優勝を目指すためにはチームを改善しなければいけない。だからこそ、来年イブラヒモビッチと主力選手のいないインテルなど想像できないね。逆にチームのバランスをとるために3、4選手の獲得が必要だ」

ソース:『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙