誕生日の優勝を祝うモラッティ会長

「父に捧げたい」

16日、ミランがウディネーゼに敗れたことで、17回目となる4年連続優勝が決まったインテル。アッピアーノ・ジェンティーレの練習場で選手たちと一緒にミラン戦を見ていたモラッティ会長は、自らの誕生日にタイトル獲得が決まり、次のように喜びを表している。

 

「このスクデットは私の父に捧げたい。モラッティの名前が常にサポーターたちの基準になることを願っているよ。それから、選手たちにもこの優勝を捧げたいね」

 

「誕生日にプレゼントをしてくれたよ。予想していなかった。選手たちは決して屈しなかったし、これだけ連続で優勝するなんて素晴らしい。モウリーニョ?彼はとても優秀だdったよ」

 

一方、マンチェスター・ユナイテッドに敗れてCL制覇の目標を達成できなかったことについては、「おそらく、(リーグ戦と)同じパーソナリティーや自信を出せなかったんだろう。だが、また挑戦するよ」とコメントしている。

 

また、去就が取りざたされているFWイブラヒモビッチについては、「ウチに残るか?ああ。彼は素晴らしいプロフェッショナルだよ」と残留を強調した。