マルディーニ:「後継者はチアゴ・シウバ」

隣にはファヴァッリを
-今季のミランはどのようなチームですか?
「決して失敗のシーズンではない。僕らは去年よりも15ポイントも多く獲得しているんだ。ミランの総得点はリーグトップだし、失点は2番目に少ない。見捨てられるチームではないはずだよ」

-ミランが補強するべきだと思う選手は?
「強い2、3選手を補強するだけで、ミランはイタリアでもヨーロッパでも競争力あるチームになるだろう。ベテランと若手の融合こそが常に僕たちの強さの秘密だった。失点をしてしまうと、いつもディフェンスの高齢化が問題視される。でも、僕とファヴァッリがセンターで出場している今はあまり失点していない。選手としての寿命が長くなっているのが現状なんだ。70年代や80年代には、30歳を過ぎた選手に対して1年の契約しか提示していなかったしね。でも今は違う。ミランはこの点でも先を進んでいたよ」

-引退を宣言していますが、フィジカル的には続ける自信があるようですね。
「そうだね。調子はいいし、ピッチの上で痛みのないことはわかっている。少し前にマルテンス医師と会ったんだけど、彼は笑いながら指をクロスさせていたよ。僕はとても落ち着いてキャリアの最後を過ごしているし、悔いなく25年間の現役生活に別れを告げることになる。まったく別の生活になることは知っているし、リズムが違うこともわかっている。特に疲労感のないことを恋しく思うかもしないね」

-ミランであなたの後継者となるのは?
「チアゴ・シウバさ。彼は偉大なことをやってくれるだろう。でも、彼は経験豊富な選手とコンビを組まなければいけない。ガッリアーニ副会長にはファヴァッリをそばに置くように言っているんだ。そうすることでシウバの成長が望めるだろうね」

-代表のユニフォームで引退試合に出場するとも言われていますが…
「それはないよ。僕を呼んでくれようとしていたサッカー連盟には感謝しているけどね。できれば公式戦を最後に現役を引退したいし、引退試合は好きじゃないんだ」

-アンチェロッティ監督の残留は?
「クラブはアンチェロッティ監督の契約には満足しているし、グループは彼を愛している。それにクラブ幹部たちとの関係も最高さ。彼はまだミランの指揮官を続けることになるよ」

-来シーズン、初仕事は何をするでしょうか?
「学校が始まったら、子供たちを連れて行かないとね。そして、たまにはミラネッロ(ミラン練習場)へボールを蹴りに行くよ。でも、ホントに少しだけさ」

ソース:『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙