ブッフォン:「J・セーザルの方が優れている」

ナンバーワン守護神の座を明け渡す?

イタリアのテレビ番組に出演した際、「ユヴェントスはぐちゃぐちゃだった」として、インテルが首位に立つ現状を認めたユヴェントスGKブッフォン(関連ニュース参照)。同選手はさらに、インテルGKジュリオ・セーザルが多大なる賛辞を受けていることについて、「現時点では彼の方が優れている」と述べ、今季のナンバーワン守護神がJ・セーザルだったと認めている。

 

一方、元イタリア代表GKのパリュウカ氏は、イタリア『トゥット・スポルト』のなかで、次のようにコメントした。

 

「ベストの守護神?この2シーズン、J・セーザルが最もコンスタントに、かつ決め手となったことは間違いない。残念ながら、ブッフォンはフィジカルの問題を抱えてしまっていたね。ただ、彼が常に最高のレベルにあることに変わりはない。両選手の違い?J・セーザルはより反応が早い。ブッフォンはテクニカルな才能だけでなく、経験で上回っているところも見せられる」