瀬戸がELでゴールもアストラは逆転負け

ザルツブルクにホームで1-2
2日に行われたヨーロッパリーグ・グループD第2節、アストラ対ザルツブルクの一戦は、2-1でアウェーのザルツブルクが勝利を収めた。アストラMF瀬戸貴幸はフル出場し、1ゴールを記録している。

初戦でディナモ・ザグレブに1-5と大敗したアストラだが、この日は先制に成功する。15分、右サイドから仕掛けたエナケのパスを、瀬戸がペナルティーエリア外から右足でダイレクトシュート。鋭い弾道のボールが突き刺さり、均衡が破れる。

しかし、アストラはこのリードを生かせない。36分にカンプルのゴールで同点とされると、42分にはジョナタン・ソリアーノに逆転ゴールを許してしまう。

ビハインドを背負って前半を終えたアストラは、後半も同点弾を決めることができず。2連敗でグループ最下位と苦しい状況となった。

なお、グループDのもう1試合では、セルティックがディナモ・ザグレブにホームで1-0と勝利した。この結果、グループDは勝ち点4のザルツブルク、セルティックを、同3のディナモ・ザグレブが追う展開となっている。