ニュース ライブスコア

長友、EL予選欠場決定 監督は突破に意気込み

インテルは20日、ヨーロッパリーグ予選プレーオフ・ファーストレグでストヤルナンと対戦する。19日に招集メンバーが発表され、DF長友佑都の欠場が決まった。

イタリアメディアは18日、長友が軽い筋肉疲労のため、アイスランド遠征に同行しないと報じていた。なお、インテルはFWロドリゴ・パラシオもコンディションが万全でないようで、MFズドラフコ・クズマノビッチとのメンバー交代が先日発表されている。

ワルテル・マッツァーリ監督は前日会見で、次のように語った。クラブの公式ウェブサイトが伝えている。

「こういう試合には罠が潜んでいるものだ。彼らは調子が良く、6試合負けていない。すでに3つのラウンドを突破してきた。おそらく我々よりコンディションは上だ。我々は彼らにチャンスを与えないように気をつけなければいけない。クオリティーのある選手たちがいる厄介なチームなんだ。失うものがあるのは我々なんだよ。だが、そうならないように全力を尽くす」

「我々は常に自分たちが試合をしようとする。我々はインテルなんだ。普通のことだよ。明日もそれを目指す。彼らはウチのミスを突こうとするだろう。シーズンの最初だから、戦術的に機能しないところがいくつか起きるのはあり得ることだ。十分に注意したい。我々のDNAにあることだ。相手がどこだろうが、自分たちのプレーをするんだよ」

アイスランドでの試合だが、マッツァーリ監督は寒さについて、「理論上は寒ければより走ることができるはずさ!」とコメントしている。