カッサーノ、トッテナム戦で招集復帰

ストラマッチョーニ:「貢献してくれるはず」
インテルは7日、ヨーロッパリーグ決勝トーナメント2回戦ファーストレグで、トッテナムと対戦する。アンドレア・ストラマッチョーニ監督はこの一戦に向け、FWアントニオ・カッサーノを招集メンバーに呼び戻した。

1日の練習中に指揮官と口論し、3日のカターニア戦で招集外となったカッサーノ。だが、報道によると、同選手はその後謝罪。指揮官やクラブが強調していたように、トッテナム戦では招集メンバーに復帰している。

ストラマッチョーニ監督は前日会見で、カッサーノについて次のように語った。

「カッサーノは招集したし、トレーニングをした。明日、先発か途中出場かは分からないが、いずれにしても貢献してくれると確信しているよ。問題はない」

一方で、同監督は、コンディションが微妙な選手を無理に起用することはないと話している。

「完璧なコンディションにない選手に無理をさせることはできない。下部組織の選手が6人消えている。(フレディン・)グアリンと(アンドレア・)ラノッキア? 完璧な状態じゃないのは彼らだけじゃないよ。明日の朝にチェックしてから決める。だが、これ以上選手を失うリスクは冒せない」