パルチザンを警戒するストラマッチョーニ

スナイデル復帰は「100%」になってから
インテルは25日、ヨーロッパリーグ・グループステージ第3節でパルチザンをホームに迎える。アンドレア・ストラマッチョーニ監督は、パルチザンを警戒しているようだ。

セリエAで4連勝と好調のインテル。だが、ストラマッチョーニ監督は前日会見で、順位表や目標を考えることなく、目の前の戦いに集中しなければいけないと語った。

「今の我々は良い仕事をしている。だが、まだやるべきことはたくさんあり、順位や目標を気にすることなく、試合ごとに成長しなければいけない」

「これはとても重要な一戦だ。良い結果を出せれば、突破に向けて大きなステップとなる。相手は好調で、リーグ戦で首位に立っているチームだ。セルビアは常に素晴らしいタレントを輩出する。パルチザンには大きな敬意を払っているよ」

負傷中のMFヴェスレイ・スナイデルは先日、アメリカでの治療を終えてイタリアへ帰国した。だが、ストラマッチョーニ監督は同選手の復帰を急ぐことはないと話している。

「とてもモチベーションがあり、良い状態みたいだね。できるだけ早く復帰したいと望んでいる。でも、彼は100%になってから復帰しなければいけない。再び失うリスクを冒したくないんだ」

パルチザンにはMFラザル・マルコビッチというタレントがいる。ストラマッチョーニ監督は再度、パルチザンを軽んじることはできないと強調した。

「国内で優勝するためにつくられたチームで、マルコビッチのように素晴らしいクオリティーを持つ若手がいる。攻撃的でスピードのあるチームだ。我々は勝利を目指してピッチに向かうよ」

なお、セリエA前節で出場停止だったDF長友佑都は、パルチザン戦に通常どおり招集されている。