殊勲の同点弾を喜ぶアンドレオッリ

「ローマはドローにふさわしかった」
22日のヨーロッパリーグ・グループリーグ第3節で、フラムと敵地で1-1と引き分けたローマ。敗戦濃厚だった後半ロスタイムに貴重な同点ゴールを沈めたローマDFマルコ・アンドレオッリは、試合後に次のように喜びをあらわにしている。」

「負けないで敵地を去ることが、非常に重要だった。僕らは後半、フラムを相手のバイタルエリアに釘づけにした。PKを外した場面もあった。僕らはドローにふさわしかったんだよ」

「ローマに来てから、僕はフィジカルの問題を抱えていた。ラニエリ監督が就任してからは、出場機会も少なかった。だけど、僕よりも優れた選手たちがプレーするのは正しいことだ。僕はただ、選ばれたときに準備ができているようにしなければいけない」