ラツィオ、移籍希望3選手をEL登録外に

ロティート会長:「非道徳的な振る舞いは認めない」
ラツィオは11日、UEFAヨーロッパリーグへの登録メンバーを発表し、移籍を希望しているFWゴラン・パンデフ、MFクリスチャン・レデスマ、DFロレンツォ・デ・シルヴェストリの3選手がリストから外れることとなった。3選手はラツィオがインテルを下した先日のイタリア・スーパーカップにも欠場している。

ロティート会長はイタリア『ラジオ・ラジオ』に対し、3選手について次のように述べ、あらためて厳しい姿勢を見せている。

「彼らが我々のプロジェクトを完全に受け入れるのであれば、我々は喜んでパンデフとレデスマ、デ・シルヴェストリを迎え入れる」

「以前に決めたのは、7月31日までにオファーがなければ、ラツィオに残るというものだったんだ。だが彼らは、8月31日まで待ちたいとしている。金銭的に有利な話をしようとしているんだ。こういった非道徳的な振る舞いを認めることはできない。彼らは残留しなければいけない。起用するかどうかを決めるのは監督だよ」

「我々は彼らがいなくてもスーパーカップに勝った。必要不可欠な選手など誰もいないということを示している」