2ゴールの香川真司がCLベストイレブン入り…派手な復帰飾ったロイスも選出

ドルトムントからは3選手、ユヴェントスから2選手が選ばれる。

ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司がチャンピオンズリーグ・グループステージ第5節のベストイレブンに選出された。UEFA公式サイトが伝えている。

レギア・ワルシャワ戦で大量8ゴールを記録したドルトムントからは3選手が選ばれた。立て続けに2ゴールを挙げ、復活をアピールした香川、復帰戦でいきなり2ゴールを挙げたマルコ・ロイス、1ゴール3アシストの活躍を見せたウスマン・デンベレが選出されている。

他にはDFながら強烈なミドルシュートを突き刺したユヴェントスのレオナルド・ボヌッチ、3点ビハインドから追いついてみせたベシクタシュのリカルド・クアレスマが名を連ねている。

『UEFA.com』選出のベストイレブンは以下のとおり。

■GK
ウーゴ・ロリス(トッテナム)
■DF
ラファエウ・ダ・シウヴァ(リヨン)
レオナルド・ボヌッチ(ユヴェントス)
ジブリル・シディベ(モナコ)
■MF
クラウディオ・マルキージオ(ユヴェントス)
リカルド・クアレスマ(ベジクタシュ)
クリスティアン・ノボア(ロストフ)
香川真司(ドルトムント)
■FW
マルコ・ロイス(ドルトムント)
ウスマン・デンベレ(ドルトムント)
エドゥアルド・サルビオ(ベンフィカ)