ニュース ライブスコア

「今季対戦した中で最もアグレッシブ」「もっとサッカーをすると思った」…モウリーニョもPSGに皮肉 

チェルシーは11日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグでパリ・サンジェルマン(PSG)とホームで対戦する。ジョゼ・モウリーニョ監督はPSGの「アグレッシブ」な点を警戒していると述べた。

敵地でのファーストレグで1-1と引き分けているチェルシー。PSGのローラン・ブラン監督は、チェルシーFWジエゴ・コスタが相手を挑発する選手だと話したが、一方でモウリーニョ監督はPSGが今季対戦した中で最もアグレッシブなチームだと語った。イギリスメディアが伝えている。

「ファーストレグで私は驚いた。素晴らしい選手たちを擁するチームが、ずっと度重なるファウルで(エデン・)アザールを止めたからだ。彼らはボールを持っている選手を2、3人で攻撃し、非常にアグレッシブなことをした」

「今季の我々はチャンピオンシップやリーグワン、リーグツーのクラブとも対戦した。だが、最もアグレッシブなチームだったのはPSGだ。あれだけクオリティーのある選手たちがいるのだから、私はアグレッシブさよりももっとサッカーをしてくると思っていたよ」

ブラン監督はファーストレグでPSGがより多くのチャンスをつくったと主張しているが、モウリーニョ監督はそれに対してもこのように述べている。

「チャンスという点では、PSGの方が多かった。試合を支配するというのが、ファウルを続けて相手を止めることなら、確かに彼らが支配したね」

「支配するというのが、ボールを持って、前に出ることなくボールを動かすことなら、確かに彼らは支配した。彼らはすべてにおいて支配したと思うよ。結果を除いてね」

ポルトとインテルでCLを2度制しているモウリーニョ監督は、プレッシャーにさいなまれることはないと述べている。

「経験からよく眠れるものだよ。何度もやってきたことだ。決勝トーナメントであり、セカンドレグではあるが、もう一つの試合というだけさ」