スペイン『マルカ』、マドリー戦の内田をシャルケの「スター」に選出 「もう少しでゴールを生み出せた」

シャルケDF内田篤人は18日、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグのレアル・マドリー戦でフル出場した。後半に絶好機をつくった内田を、スペイン『マルカ』も高く評価しているようだ。

FWクリスティアーノ・ロナウドをはじめとするマドリーの強力な攻撃に対応しつつ、内田は0-1と1点を追っていた74分にビッグチャンスも演出した。

ペナルティーエリア内でうまくDFマルセロの裏を取った内田は、冷静に右足でMFケヴィン=プリンス・ボアテングのロングパスを落とす。これに反応したFWフェリックス・プラッテのシュートがクロスバーを叩くと、こぼれ球を拾って内田がシュートを放つが、GKイケル・カシージャスに防がれた。

その5分後にマルセロのゴールを許したシャルケは、0-2で黒星。ベスト8進出が厳しい状況となっている。

『マルカ』は19日の記事で、試合レポートの中で内田のパフォーマンスについて、「(クラース=ヤン・)フンテラールの代わりに入ったプラッテの強烈なシュートがポストに直撃。こぼれ球に詰めた内田は確実に決められる状況であったが、ボールを叩き損ねた」と記している。

その上で、10点満点の採点では、内田に6点をつけて「スター」(チームベストプレーヤー)に選出した。内田以外に6点をつけられたのは、プラッテだけだ。『マルカ』は寸評で内田について次のように評している。

「相手チームの一番の美人であるイスコと、ダンスを踊る羽目に。その鬱屈した気持ちが、彼を攻撃へと向かわせた。(前線へと)跳躍して、もう少しでゴールを生み出した。グッドだ」

一方、3点満点の『アス』では、内田を含むシャルケのほぼ全選手が1点だった。プラッテだけが2点をつけられている。