L・アドリアーノがメッシに並ぶ1試合5得点 「ハットトリックでもすごいのに…」

前半6得点、アウェーで7点差勝利も記録
21日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループH第3節、BATEボリソフ対シャフタール・ドネツクの一戦は、7-0でアウェーのシャフタールが大勝した。FWルイス・アドリアーノが5得点を挙げ、バルセロナFWリオネル・メッシの記録に並んでいる。

シャフタールは11分、カウンターからMFアレックス・テイシェイラのゴールで先制すると、これを皮切りにゴールラッシュ。前半だけで6ゴールを奪う。前半だけで6得点は、CL新記録とのことだ。

L・アドリアーノは28分、まずはPKで得点を記録すると、37分、40分、44分と立て続けにゴール。前半だけで4得点を挙げ、後半にも1ゴールを加えて、CLでの1試合最多得点記録でメッシに並んでいる。

シャフタールは失点もなく、7点という大差で勝利。これはアウェーでの最大点差での勝利記録タイ。まさに記録ずくめの一戦となった。

大活躍のL・アドリアーノは、次のように話している。UEFAの公式ウェブサイトが伝えている。

「5得点とマン・オブ・ザ・マッチをうれしく思っている。チームメートに感謝したい。彼らが助けてくれたのだからね。すべてのゴールが僕にとっては非常に美しいものだった。5得点はすごく特別なことだね。(一番気に入っているのは)1点目かな」

「ハットトリックでも素晴らしいことなのに、5ゴールなんてすごいよね。これで、僕はCLで5ゴールを決めたんだって言うことができる」