ガビ:「突破に有力かどうかはピッチ上で示される」

ミランに敬意を払うアトレティコ主将
アトレティコ・マドリーは、19日のチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグ、敵地サン・シーロでミランと対戦する。主将を務めるMFガビは、ミランに敬意を払いたいと語り、どちらが優位かは試合で分かるとの考えを示した。

セリエAで現在9位と低迷しているミランに対し、アトレティコはリーガエスパニョーラで2強と勝ち点差で並んで3位につけ、好調を維持している。しかし、ガビはミランが歴史と伝統あるビッグクラブであることを強調している。

「突破に有力かどうかというのは、ピッチ上で示される。僕たちはミランに大きなリスペクトを抱いている。どちらのチームを優位とするかは、記者会見の場だけにとどまる。それは君たち(記者陣)のものだよ」

「僕たちはサン・シーロでプレーすることを、とても楽しみにしている。これまでの仕事で、それを勝ち取った。その仕事を続けていきたいし、ビセンテ・カルデロンでのセカンドレグに向けて良い結果を得たい」

アトレティコのディエゴ・シメオネ監督は、現役時代にインテルに在籍してサン・シーロで得点を挙げた経験がある。

「僕はシメオネのミラン戦でのゴールを見たよ。彼にとって重要な瞬間だった。僕たちの監督がしたように、僕たちもゴールを祝えるように願っているよ」