デシャン:「インテル戦は戦術的になる」

特に攻撃陣を警戒
16日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦の組み合わせ抽選で、マルセイユはインテルと対戦することが決まった。ディディエ・デシャン監督は、インテルを警戒している。

過去にイタリアで活躍したデシャン監督は、インテルが3冠を達成したときと違うと指摘しながらも、強敵であることに変わりはないと感じているようだ。同指揮官は抽選結果を受けて、以下のように話した。

「リーグでもたついているようだが、彼らには素晴らしい選手がそろっている。特に攻撃では、(ディエゴ・)ミリート、(マウロ・)サラテ、(ディエゴ・)フォルラン、(ジャンパオロ・)パッツィーニと、強力なレベルの選手がそろっているね。もちろん、(MFヴェスレイ・)スナイデルも忘れていない」

「とても戦術的なゲームになるだろう。イタリアのチームと対戦するときは、いつもそうだ。(インテルのホームスタジアム)サン・シーロに戻るのが待ち遠しいよ。素晴らしいスタジアムだね。(現レアル・マドリー監督のジョゼ・)モウリーニョがチームを率いていたとき、見事なチームがあり、たくさんのタイトルをつかんだ。それを繰り返すのは大変で、そのツケを払っているところだね。3人の監督が代わった。今は戻ってきているところだろう。我々は気をつけなければいけない」

マルセイユは、アーセナル、オリンピアコス、ボルシア・ドルトムントがいたグループFを2位で通過している。