ニュース ライブスコア

CLを良い状態で迎えたいインテル

16日にチャンピオンズリーグ(CL)・決勝トーナメント1回戦の組み合わせ抽選会が行われ、インテルはマルセイユと対戦することが決まった。インテル勢は、まずまず良い抽選結果ととらえているようだ。

インテルのエルネスト・パオリッロ代表取締役が、イタリア『スカイ』の中で、次のように話した。

「CLが我々の目標? ひと試合ずつ考えた方が良いだろう。勝利への飢えは常にある。我々は、一歩ずつ考えていくよ。マルセイユ? 我々は、十分に落ち着いている。良い戦いをしたいね。対戦する可能性があったどのチームも、優劣はない。大事なことは、負傷者などなく、そのときを迎えることだ」

また、キャプテンのハビエル・サネッティは、以下のように話した。

「難しい試合だ。良い調子で迎えたい。昨シーズンのシャルケ戦のことは、みんなが知ってのとおりだ。マルセイユ? ルチョ・ゴンサレスのことは知っているよ。彼らにとって、とても大事な選手だ。それに監督のことは、イタリアサッカー界のみんながよく知っているね」

マルセイユを率いるのは、ディディエ・デシャン監督。選手としても監督としても、ユヴェントスに在籍した経験がある。