ロッベン:「ブンデス優勝はほぼ不可能」

ドルトムントと勝ち点13差の昨シーズン王者
バイエルン・ミュンヘンMFアリエン・ロッベンは、ブンデスリーガよりチャンピオンズリーグ(CL)を制する方がイージーだと主張した。

バイエルンは、第23節を終えたブンデスリーガで3位に位置し、首位ボルシア・ドルトムントに勝ち点13差をつけられている。ロッベンは残り11試合となったブンデスリーガで、ドルトムントを逆転するのは非常に難しくなったと認めている。

「僕の考えでは、バイエルンが今シーズンのブンデスリーガを制するのはほぼ不可能だ。国内のタイトルより、CLを制する方がよりチャンスがあると思う」とロッベンは、ドイツ『キッカー』に語った。

「CLを制することが簡単だと言っているわけじゃない。間違いなく難しくなるだろう。でも、バイエルンはヨーロッパのトップ5に入るチームだと思っている」