モウリーニョ:「日本人選手はどの監督にも好まれる」

バロテッリ招集外については語らず
31日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝ファーストレグで、CSKAモスクワとホームで対戦するインテル。長い間、かん口令を敷いていた同クラブだが、UEFAの規定により、ジョゼ・モウリーニョ監督が試合前日会見に登場した。

まず、かん口令が続くことについて尋ねられた同指揮官は、「私にとって良いことだ。自分がベンチに座ることができるからね」と答え、ベンチ入り禁止などを回避できることへの満足感を示している。

そして、CSKAモスクワ戦の招集メンバーからも外れたFWマリオ・バロテッリについては、「彼のことは話さない」と答えるだけで、関係悪化のことは一切話さなかった。

さらに、日本代表MF本田圭佑について聞かれると、「日本人選手というのは、クオリティーが高く、どんな監督にも好まれる。彼らはチームのために働く意識が強いからね。間違いなくすべての指揮官が起用したいと考えるタイプの選手たちだよ」とコメント。日本人選手の取り組み方に好感を持っていることを明かした。