マドリーの逆転突破を信じるジダン氏

「私は彼らが挽回すると確信している」
2002年に行われたチャンピオンズリーグ決勝レヴァークーゼン戦で、美しい決勝ゴールをマークし、クラブに9度目のヨーロッパチャンピオンのタイトルをもたらしたジネディーヌ・ジダン氏。かつてクラブで活躍したレジェンドは、現在のチームがファーストレグで背負った0-1のビハインドをセカンドレグで挽回できると信じている。

2002年のバイエルン・ミュンヘンとのチャンピオンズリーグ準決勝の思い出を語るジダン氏のコメントを、スペイン『マルカ』が伝えている。

「スタジアムが崩壊するんじゃないかと思ったよ。あの夜のようにできれば、マドリーは偉大な結果を手にすることができるだろう」

「私は彼らが挽回すると確信している」