インテル会長、アーセナルとの対戦希望?

「過去2年間よりうまくいってほしい」
9日のチャンピオンズリーグ・グループリーグ最終節で、ルビン・カザンを2-0と下し、決勝トーナメント進出を決めたインテル。モラッティ会長は試合後、イタリア『スカイ・スポーツ』のインタビューで、次のように喜びをあらわにした。

「これほど前がかりなメンバーで臨むとは思っていなかった。正しかったと思う。勝ちたいということを分からせたからね。チーム全体が勇気と誇りを持って戦った。だが私は、特にサネッティのパフォーマンスを強調しておきたい」

「バロテッリ? 彼を起用したということが、モウリーニョが彼を信頼していることの表れだ。私としては、代表招集を考えるべき選手だと思っている。あれだけの技があれば、どんな瞬間でも試合を変えられるよ」

また、同会長は今後のヨーロッパでの戦いについて、「我々はこの大会のレベルにあるということを示さなければいけない。非常に強いチームを相手に敗退することになったこの2年間よりもうまくいくように願っているよ。少しの運にも恵まれて勝ち進んでほしい」と語っている。

なお、決勝トーナメント1回戦の対戦相手については、「たぶんアーセナルが良いかな。ただ、それは彼らが若いチームだからというだけだ。いずれにしても、彼らは常にヨーロッパでうまくやってきている」とコメントした。