ニュース ライブスコア

コラム:ミスターセレッソ森島寛晃が描くC大阪の未来

セレッソ大阪の背番号「8」。現在、日本代表でも中心選手として期待される、FW柿谷曜一朗が背負うこの背番号は、このクラブにとって特別な重みを持つ背番号だ。1991年、高校を卒業した一人の選手がC大阪の前身であるヤンマーディーゼルサッカー部に加入した。後にミスターセレッソと呼ばれる森島寛晃だ。日本リーグ時代から18年間、C大阪一筋でチームをけん引。現役を退いた今でもアンバサダーとしてC大阪を支えている。森島氏が長く背負った背番号8は、香川真司、清武弘嗣、そして現在の柿谷に引き継がれ、森島氏の思いを受け取った後輩たちは今や日本代表に欠かすことのできない選手に成長した。C大阪の未来を知る上で、彼以上の適任者は他にいないだろう。

外から見るしかなかった日本初のプロサッカーリーグ
日本初のプロサッカーリーグであるJリーグが発足したのは1993年だが、ヤンマーは森島氏の一つ上の世代からプロサッカー選手契約を始めていた。森島氏にもプロ契約選手という形で誘いがあり入団に至ったのだが、当時のヤンマーは日本リーグ2部に降格したところだった。Jリーグ設立の際に候補として名乗りを挙げたものの、Jリーグが定める基準を満たしていなかった。そのため当時は、「プロリーグが始まるといってもピンとこなかった」という気持ちだったという。しかし、外から見るしかなかったJリーグについて、「ヤンマーサッカー部は、身内が(スタンドの)どこにいるかわかるくらいの雰囲気だった。だから、誰もがあそこ(満員のスタジアム)でプレイしたいと思っていた」と当時を振り返る。

プロサッカーリーグ発足から2年後、Jリーグ加盟を果たしたC大阪には、同じ大阪に目標とすべきチームがあった。Jリーグ発足時から一部で戦うG大阪だ。当時、大阪でサッカーといえばG大阪と言われるほど両クラブの知名度には大きな差があった。森島氏は日本代表に初招集され、サッカーファンの間では知られた存在になっていたものの、C大阪と当時のG大阪との差について、「大阪のチームなら、ガンバの選手?」、「G大阪の森島さん」と言われることがあったと振り返る。「Jリーグに上がった時はそれが悔しいというか。G大阪よりも強くなって、大阪といえばセレッソと言ってもらいたいという思いでやってきた」と言う森島氏は、G大阪との大阪ダービーは、「やはり特別」なのだと断言した。とはいえ、ともに関西を代表するクラブとなった今、優勝争いに食い込み関西を盛り上げていきたいという。そのために求められるのは、やはり結果だろう。森島氏は、2005年にJリーグを制したG大阪を例に出し、「ガンバも一つのタイトルがチーム全体、選手だけでなくチーム自体を常勝軍団に変えていった」と分析する。

忘れられない瞬間
C大阪一筋で18年間プレイしてきた森島氏にとって、最も忘れられない瞬間とはいつなのだろうか。クラブにとって最も重要な瞬間は1994年のジャパンフットボールリーグを制し、Jリーグ昇格を決めた瞬間だろう。しかし森島氏にとっては、2000年に最終節でタイトルを逃した川崎F戦だ。その理由を森島氏はこう語る。「タイトルを獲りたいという気持ちが一段と強くなったし、サポーターの人たちもあの敗戦というものでよりセレッソに早く優勝してほしいという思いが強くなった瞬間だと思う」。C大阪は勝利すれば無条件で優勝を決められる立場にいた。相手は下位の川崎F。サポーターはタイトル獲得を信じていたが、延長戦でVゴールを許し敗れあと一歩のところで涙を呑んでいた。「セレッソのピンク一色のサポーターがあれだけいるんだというのを改めて認識したし、その中で初優勝というのが目の前にきながら逃した一戦というのは、今でも忘れられない」。

昨シーズンは優勝争いに加わり、今シーズンはACLにも2度目の出場を果たした。森島氏も「僕が引退してから(リーグ優勝は)すごく近くなった」と語っている。その大きな要因となっているのが、チームの土台となっている攻撃型のスタイル、若く有望な選手を次々と輩出する育成組織の充実だ。「この5年間ですごくいいチームになってきたと思うし、選手も勝負強さというか。ACLにこの5年間で2回出ているし、降格しかけたときでも自力で勝って残留を決めたり、ACLの権利を勝ち取ったりという粘り強さが、チームにすごく出ていると思う」。その時は確実に近づいてきている。

フォルラン加入で始まる新しい時代
南アフリカ・ワールドカップ(W杯)得点王とMVPをダブル受賞したディエゴ・フォルランの加入は、2014シーズン開幕前のJリーグの話題を独占した。しかしフォルランの加入がC大阪にもたらしているものは、観客動員数の増加などの財政面だけではない。悲願の初優勝を目指すC大阪において、「優勝という自分たちがタイトルというものを目指して今シーズンが始まった中で、W杯というずっと憧れていた舞台で得点王、MVPになったそういう選手が自分たちのチームに入るということは、すごいいい意味で刺激になるはず」と森島氏が語るように、世界の第一線で戦ってきた一流選手の存在は大きなことだ。だが、もちろんフォルラン一人で勝てるほどサッカーは甘くない。森島氏も「彼が来たから自分たちのポジションがないんじゃなくて、フォルランが来ても俺たちがそれ以上に。というところが、本当にチームが一番求めているところ」とチーム全体が刺激を受け、レベルアップしていくことが何よりも大切だと強調する。

C大阪の背番号8
C大阪のシンボルとも言える背番号8。森島氏が長く背負い、香川、清武、そして現在の柿谷と、日本を代表する選手に受け継がれてきた特別な番号だ。4歳からC大阪のユニフォームを着てきた柿谷は、森島氏本人から打診された際、「泣きそうになった」というコメントを残している。憧れの選手が背負っていたチームを象徴する番号を背負う重みが伝わるが、森島氏は「8番をずっとつけているから8番大好きだけど、8番という番号を大きくしてくれたのは今の(柿谷)曜一朗の活躍であって、その前の清武っていうのがもちろんあって、その前の(香川)真司が、僕以降の選手たちっていうのが実際に着けて活躍して、海外で活躍しなかったらもう終わっている話だと思います」と謙遜する。ただC大阪の8番には一つエピソードがある。C大阪の8番を背負った選手は皆、W杯に出場しているのだ。「全員のユニフォームを貰って自慢したい」と冗談交じりに話した森島氏だが、次の8番ということに対しては、「次のというか、曜一朗が8番をずっと着ているのを一番願ってます。曜一朗のような本当に可能性を秘めた選手だけに…」と正直な思いを明かしてくれた。

そもそも、C大阪には良い選手が育つ土壌があるのだろう。ブラジル・W杯には香川、清武、柿谷だけでなく、山口蛍も選出され、それまで固定化されていた日本の中盤に新しい息吹を吹き込んでいる。香川、清武が8番の前に付けていた13番を背負う南野拓実は、予備登録メンバーに選ばれた。サプライズ選出とされる、大久保ももともとはセレッソ大阪で、プロの道を歩き始めた。なぜC大阪から次々と優秀な選手が育っているのか。その理由については、「いまは育成にすごく力を入れていて、どんどん上げていっているけど、乾(貴士)であったり、清武であったり、家長(昭博)であったり、(キム・)ボギョンであったり、チームがやろうとしていることにあった選手たちがつながって、それが土台になっている。土台をつくり上げていった中で、育成の選手たちもそういうチームを見て、自分たちがここに出てここに入った時にという、近くでそういうものを見ながら、この選手に負けないようにという想いが、育成の選手たちを育てていっていたと思う」と語る。

C大阪、Jリーグ、日本サッカーの未来
C大阪が描く未来。近い未来に叶えるべき夢として挙げられるのは、もちろんJリーグ制覇だ。しかしそれがC大阪のゴールになることはない。「僕の近い夢としてはJリーグのチャンピオンです。でも正直ACLなどの大会に出るとセレッソというチームがアジアを通り越してクラブが世界一になれるチャンスがあるわけですから。クラブとしては世界の頂点というものを目指して、選手たちが戦っている姿っていうのが、見られるようなクラブになっていくっていうことがすごく大事なのかな」。日本人選手が海外のリーグへ挑戦することもそうだが、プレミアリーグやリーガ・エスパニョーラ、セリエAのように、Jリーグに様々な国の選手が集まるような文化になっていくと森島氏は予想する。C大阪は、各国から選手が集まりすでに国際色豊かなチームへと変貌している。しかし、Jリーグを海外にもっとアピールすることはできるだろうか。「引っ張ってくるというよりも、みんながここへ来たいと思うようになっていくということでしょう」。

森島氏の入団当初、日本リーグ2部に所属していたヤンマーディーゼルサッカー部は、現在ではブラジル・ワールドカップに臨む日本代表に柿谷と山口、南野が選出され、ウルグアイ代表にディエゴ・フォルランを送り出すJリーグ屈指のクラブとなった。セレ女と呼ばれる、C大阪の若い選手たちに熱い視線を送ってくれるファンが誕生し、練習から何百人もいる状況でプレイし、日頃からモチベーションを高く維持できる環境も手に入れた。「同じように金髪にして同じ髪型にすれば僕もイケメンの方に入ると思うんですよね。いまは丸坊主ですけど…」と笑顔で話す森島氏も、グラウンド内外におけるクラブの充実ぶりについては真剣に実感する。「トップチームというところを、子供たちが夢を持ってできるっていう環境というものがすごく整ってきているのかな」。日本サッカーに新たな流れを作りだし、Jリーグのけん引役となったC大阪。クラブとして描く未来を現実にする日に向かって、確かな歩みを続けていく。

取材:チェーゼレ・ポレンギ 取材日 5月2日