ニュース ライブスコア

海外組まとめ:清武1G1A、長友もアシスト

各国でミッドウィークにも試合が組まれる過密日程の中、週末にも当然ながら試合が行われた。日本人選手たちの状況をまとめてみよう。

マンチェスター・ユナイテッドMF香川真司はプレミアリーグ第6節ウェスト・ブロムウィッチ戦に左MFで先発出場。リーグ戦では今シーズン初の出場となった。カウンターから絶妙なクロスを上げ、アンデルソンのヘッドがクロスバーを叩いた場面や、軽快なステップからシュートを放つなど好プレーも見せていた香川だが、0-0で折り返したハーフタイムに交代。その後ユナイテッドは1-2で敗れる結果となり、リーグ2連敗で上位に大きく離されつつある。

アーセナルFW宮市亮はスウォンジー・シティ戦でベンチ入りしたが、出場機会は訪れず。2-1で勝ったアーセナルは首位を守った。DF吉田麻也、FW李忠成がベンチ入りしなかったサウサンプトンはクリスタル・パレスに2-0で勝利し、暫定5位と好調を維持。連続無失点に加えてFW陣も結果を出し、2人にとっては厳しい状況が続いている。

セリエA第6節では、インテルDF長友佑都がアウェーでのカリアリ戦にフル出場。今回はジョナタンの休養により右サイドでのプレーとなった。開始直後に枠を捉えたシュートをGKの好守に阻まれるなど積極的なプレーを見せていた長友は、後半に先制アシストを記録。パラシオのスルーパスを受けてゴールライン付近まで侵入すると、中央に走り込んでいたイカルディの頭に綺麗に合わせた。試合はその後追いつかれて1-1で終了し、インテルは今季無敗を守ったが、開幕6連勝のローマには差を広げられる結果になった。

ドイツ・ブンデスリーガ第7節、ニュルンベルクがアウェーでブレーメンと対戦した試合ではニュルンベルクMF長谷部誠、MF清武弘嗣がともに先発フル出場。2点を奪われて迎えた前半終了間際、清武はこぼれ球を拾って右足で今季2点目のゴールを決め、反撃の口火を切った。後半に追いついたニュルンベルクだが、66分にまたもゴールを奪われ2-3。その4分後、清武のスルーパスで抜け出したフロウシェクがゴールを決めて3-3の同点とした。ニュルンベルクは7試合で5つ目のドロー。清武の1ゴール1アシストの活躍はあったが、今季初勝利はまたもお預けとなった。

フランクフルトMF乾貴士はミッドウィークに行われたカップ戦で古巣ボーフム相手に1得点1アシストと活躍したが、週末のハンブルガーSV戦はベンチスタート。73分から出場したが、終盤に追いつかれたフランクフルトは2-2のドローに終わった。

ヘルタ・ベルリン対マインツの試合ではヘルタMF細貝萌がボランチでフル出場。マインツFW岡崎慎司も先発し、81分までプレーした。試合は3-1でホームのヘルタが今季3勝目。細貝は中盤で攻守のバランスを維持し、チームの勝利を支えていた。

シャルケDF内田篤人はアウェーのホッフェンハイム戦に右サイドバックでフル出場。シャルケは二度の2点差を守りきれずに3-3で引き分けるという結果となってしまった。内田は攻撃に絡む機会は多くなく、それほど持ち味を発揮することはできなかった。

ハノーファーDF酒井宏樹は3位レヴァークーゼン戦に右サイドバックでフル出場したが、0-2で敗戦。上位チーム相手に劣勢を強いられ、終始主導権を握られる苦しい試合となった。

シュトゥットガルトDF酒井高徳はアウェーでのブラウンシュヴァイク戦に右サイドバックでフル出場し、チームは敵地で4-0の快勝。ゴールには直接絡まなかった酒井高だが、堅実な守備で無失点に貢献した。

ロシア・プレミアリーグではCSKAモスクワMF本田圭佑がテレク・グロズヌイ戦に出場したが精彩を欠き、チームは0-2の敗戦。4試合連続無得点で、今季未勝利だった最下位チームに初勝利をプレゼントする最悪の結果となった。CSKAは4位で、スパルタク・モスクワとの首位攻防戦を制したゼニト・サンクトペテルブルクとの差は5ポイントに開いている。

エールディビジ第8節、フィテッセFWハーフナーマイクはNECとのヘルダーラントダービーにフル出場。1-1で迎えた40分、スルーパスを受けてディフェンスラインの裏に抜け出すと、後方から追いついたDFに倒されてPKを獲得し、チームの勝ち越しゴールを導き出した。後半には自らゴールを決めたかに見えた場面もあったが、不運な判定のため認められず。DF3人に囲まれながらゴールに向かったハーフナーは、倒されながらもボールに足を伸ばし、GKの脇を抜いたボールがネットに収まったが、エリアのすぐ外で倒された時点ですでにファウルの笛が吹かれていた。その後追いつかれたフィテッセだが、アディショナルタイムのルーカス・ピアソンの決勝点で3-2の勝利。1ポイント差に6チームがひしめく混戦の中、フィテッセは6位ではあるが1試合多く残している。

ユトレヒトMF高木善朗ははローダ戦でベンチスタートとなったが、味方選手の負傷により18分から右MFで出場。厳しいとも思える判定で2枚のイエローカードを受け、終盤の87分に退場する結果となってしまった。試合は打ち合いの末、3-3のドローに終わっている。

ベルギーではスタンダール・リエージュの勢いが止まらず、アウェーでセルクル・ブリュージュに5-0で大勝して開幕9連勝。フル出場のGK川島永嗣は好セーブを見せる場面もあり、公式戦4試合ぶりの完封に貢献した。

スイス・スーパーリーグではヤング・ボーイズがチューリッヒとの上位対決に0-1で敗戦。ヤング・ボーイズFW久保裕也は先制された直後の54分から交代出場したがゴールを奪えなかった。3戦連続無得点で、開幕5連勝のあと5試合白星のないヤング・ボーイズは首位バーゼルと3ポイント差の3位となっている。

ポーランド・エクストラクラサではポゴニ・シュチェチンMF赤星貴文およびMF村山拓哉がクラコビア・クラクフ戦にともに先発フル出場。1-0の勝利を収めたポゴニ・シュチェチンは2位の好位置に付けている。MF松井大輔の所属するレヒア・グダニスクは月曜日に試合が予定されている。

ドイツ2部ではボーフムMF田坂祐介がザントハウゼン戦にフル出場したが、結果は0-1の敗戦。アーレンFW阿部拓馬はケルン戦に79分から交代出場し、今季リーグ2戦目の出場となった。エルツゲビルゲ・アウエMF石原卓はカールスルーエ戦でベンチ入りしたが、出場せずに終わった。

スペイン2部ではマジョルカMF家長昭博、サバデルMF田邉草民がベンチ入りしたがともに出場なし。エルクレスMF杉田祐希也はデポルティボ戦にベンチ入りしなかった。

オランダ2部ではVVVフェンロがフォルトゥナ・シッタルトと1-1でドロー。フェンロMF大津祐樹は63分からの交代出場だった。10試合を終えてフェンロは現在10位。

ポルトガル2部ではポルティモネンセMF金崎夢生が2ゴールの活躍。アウェーのトロフェンセ戦にフル出場し、チームの2点目と、決勝点になる4点目を記録した。8試合を終え、ポルティモネンセは昇格圏内の2位に位置している。