バルセロナ、スビサレッタSDが選手放出を示唆

補強は完了したと明言
バルセロナのアンドニ・スビサレッタSD(スポーツディレクター)は、移籍市場の終了する8月31日までに数人の選手を放出する可能性を示唆した。

「我々はチームをコンパクトに保ちたいと望んでいる。移籍市場が閉じるまでに、いくつかの興味深い選択肢について検討することになる」

「何人かの選手の今後のキャリアに向けて最適な場所を見つけるため、数人の代理人とともに動いているところだ」

現在のバルセロナの選手では、MFイブラヒム・アフェライやDFマルク・バルトラ、MFジョナタン・ドス・サントスなどに移籍の可能性があると見られている。

一方でスビサレータは、この夏DFジョルディ・アルバとMFアレクサンドル・ソングを獲得したバルセロナがこれ以上の補強を行わないことも明言した。

「さらなる選手獲得に関しては、我々はまったく計画していない。今のチームはすでに我々の望み通りのものだ」