イタリア移籍市場、最もホットな10人

バルザレッティはローマ決定? カカーはミラン復帰か?
移籍市場は最後の1カ月間を迎えた。まだ補強を完了していないチームも多く、新たな移籍先を探している選手も多い。各チームの公式戦初戦が近づくにつれて、数週間前から準備が進められていた交渉がこれから完結の時を迎えてくるだろう。

近日中に移籍の成立を迎えそうな選手10名を以下に挙げてみよう。

フェデリコ・バルザレッティ
現所属クラブ
パレルモ
ポジション サイドバック
年齢
30
身長/体重
178cm/70kg
評価額
500万ユーロ
移籍先候補 ナポリ、ローマ、ラツィオ
この夏の移籍市場を特に騒がせている選手といえば、フェデリコ・バルザレッティがまず思い浮かぶ。パレルモのサイドバックは今イタリアの移籍市場でも最も人気の高い選手の一人だ。パレルモはすでにナポリと移籍金500万ユーロで合意していたが、そこにローマ勢が割り込んできた。パレルモのザンパリーニ会長はバルザレッティ本人がローマを選ぶ可能性を示唆しているが、そのためにはローマが少なくともナポリと同条件を提示しなければならない。パレルモは早めに彼を放出して代役を探さなければならないため、有償レンタルにも応じる準備があるようだ。

カカー
現所属クラブ
レアル・マドリー
ポジション MF
年齢
30歳
身長/体重
186cm/78kg
評価額
1000万ユーロ
移籍先候補 ミラン
イブラヒモビッチとチアゴ・シウバ放出の苦い思い出を忘れるため、ミランはカカーの復帰に全力を尽くすことを決めたようだ。とはいえ、獲得はそう容易なことではない。あらゆる点で困難な取引となることが予想される。ミランは買い取りオプション付でのレンタルを希望している様子で、ガッリアーニCEOとマドリーのペレス会長は近日中に交渉を行う見通しだが、問題はミランがカカーの高額年俸の一部の負担をマドリーに求めようとしていることだ。先日発表されたミランの背番号一覧で22番が空いていたことは、カカーの復帰の望みがあることを示しているのかもしれないが…

ワルテル・ガルガノ
現所属クラブ
ナポリ
ポジション MF
年齢
28
身長/体重
168cm/65kg
評価額
900万ユーロ
移籍先候補 フィオレンティーナ
ウルグアイのMFガルガノは今季のナポリではレギュラーポジションの獲得がほぼ不可能だと理解しており、他のクラブからのオファーに耳を傾けることを考えているようだ。フィオレンティーナが中盤の補強に最適な選手として彼をリストアップした可能性もあるようだが、ナポリは彼の価値を700~800万ユーロとしており、これはフィオレンティーナにとっては高すぎる金額となる。買い取りオプション付のレンタルなど他の道が探られるかもしれないが、デ・ラウレンティイス会長を説得することができるだろうか。最近のヴァロン・ベーラミとアレッサンドロ・ガンベリーニの移籍にも見られるように、両クラブの関係は非常に良好なものだが…

パブロ・アルメロ
現所属クラブ
ウディネーゼ
ポジション サイドバック
年齢
26
身長/体重
174cm/73kg
評価額
1050万ユーロ
移籍先候補
ユヴェントス
ユヴェントスの次の大型補強はこの選手かもしれない。アサモアとイスラの獲得に続いて、またしてもウディネーゼから選手を引き抜こうとしているようだ。コンテのチームの左サイドに強力な選手を加えるべく、マロッタGMはここ数日交渉を加速させている。レンタル料200~300万ユーロ、その後600万ユーロ前後での買い取りという条件で近日中に話がまとまるかもしれない。

サルヴァトーレ・ボッケッティ
現所属クラブ
ルビン・カザン
ポジション DF
年齢
25歳
身長/体重
178cm/77kg
評価額
1200万ユーロ
移籍先候補
ユヴェントス
ロシアのルビン・カザンで活躍してきたボッケッティだが、イタリアへの帰国の時が近づいているようだ。多彩な能力を持ち、守備の様々なポジションをこなすことができる彼には、ユヴェントスが強い興味を示している。すでにルビンとの交渉は開始されているようで、ルビンの側としても売却の意思はあるようだ。レンタルでの獲得は困難なため、移籍金600万ユーロ前後の完全移籍でセリエAに復帰することになる可能性が高い。

ジャンパオロ・パッツィーニ
現所属クラブ
インテル
ポジション FW
年齢
27歳
身長/体重
180cm/77kg
評価額
1200万ユーロ
移籍先候補 ユヴェントス、ラツィオ
「パッツォ」がインテルを離れることに疑いの余地はなさそうだ。インテルはもはや彼を構想外としており、資金を得るために売却すべき選手だと見なしている。彼の放出で得た移籍金は、インテルが本当に必要としている選手の獲得に向けられることだろう。パッツィーニにはユヴェントスが興味を示している様子だが、移籍が成立するかどうかはアレッサンドロ・マトリの動向次第でもある。ともにイタリア人屈指のFWである2人の去就はドミノのように連動している。

アンドレア・ポーリ
現所属クラブ
サンプドリア
ポジション MF
年齢
22歳
身長/体重
182cm/77kg
評価額
600万ユーロ
移籍先候補 ユヴェントス、ナポリ
次の所属クラブがどこになるかを待ちつつ、ポーリはサンプドリアで練習を続けている。特にユヴェントスからのオファーを待っているところだが、サンプのセンシービレSD(スポーツディレクター)も認めたように、ユーヴェは少し時間を取ってから彼への最終的な判断を下そうとしている。ユーヴェがポーリの獲得を断念した場合には、すでにサンプとクラブ間で合意しているナポリが再浮上することになるだろう。

ジュリオ・セーザル
現所属クラブ
インテル
ポジション GK
年齢
32歳
身長/体重
186cm/79kg
評価額
1000万ユーロ
移籍先候補 アーセナル、トッテナム、ローマ
ここ数年のインテルの最大のストロングポイントの一つだった彼は、間もなくインテルの選手ではなくなりそうだ。もはやクラブの構想外となったことを受け、ジュリオ・セーザルは新たな落ち着き先を探し始めている。インテルは彼の放出による移籍金をあてにするよりも年俸の抑制を望んでおり、移籍金ゼロでの放出にも応じる意思があるようだ。契約の解除に向けた話し合いが行われており、数日以内にはセーザルに違約金が支払われる形での退団が合意に達するだろう。

アレハンドロ・ゴメス
現所属
カターニア
ポジション FW
年齢
24歳
身長/体重
166cm/62kg
評価額
700万ユーロ
移籍先候補 インテル、フィオレンティーナ
カターニアのアタッカー、アレハンドロ・ゴメスも今回の移籍市場で人気の選手の一人。元カターニアのモンテッラ監督が率いるフィオレンティーナの強い興味が報じられていたが、ここに来てインテルが急浮上し、カターニアに600万ユーロを提示したようだ。カターニアの要求する1000万ユーロには遠く及ばないものの、交渉次第で合意に達する可能性はある。カターニアは移籍市場の終盤になってから彼を手放すことは考えておらず、時間はなくなりつつある。ゴメスを獲得するのか、ルーカス獲得の夢を追い続けるのか、インテルは決断しなければならない。

マプ・ヤンガエムビワ
現所属
モンペリエ
ポジション DF
年齢
23歳
身長/体重
184cm/77kg
評価額
1500万ユーロ
移籍先候補 ミラン
ネスタとチアゴ・シウバを放出したミランが守備の補強のため獲得を熱望している選手。ミランとしては600万ユーロ前後の移籍金での獲得を望んでいるが、モンペリエのルイ・ニコラン会長はこの評価額にまったく同意しておらず、2500万から3000万ユーロという明らかに法外な金額を要求している。選手自身の意思(すでに本人とミランは合意している模様)と、現在のモンペリエとの契約が2013年で終了するという事実はミランの有利に働くかもしれない。モンペリエとしてはあまり交渉を長引かせることはできない。