「DAZNマネー」で潤うJリーグ…放映権収入は3倍超の176億円、クラブへの配分金も倍増

来年度の予算が総会で明らかになる。放映権収入、クラブへの配分金が激増。

Jリーグが7日に開催した総会で2017 年度(平成 29 年度) の公益社団法人・日本プロサッカーリーグの予算を承認した。

Jリーグは今年、動画配信大手の英パフォーム・グループと放映権契約を結んだ。それにより、来季からJリーグの全試合がスポーツ中継サービス「DAZN(ダ・ゾーン)」で放送されることが決まり、多くの「DAZNマネー」が入ると予想されていたが、想像以上の額となることが明らかになっている。

放映権収入は2016年度の50億5500万円から3倍以上の176億8200万円へと増加。さらにそれによるクラブへの配分金も73億9000万円から135億400万円へと倍増している。

放映権収入で潤うJリーグ。各チーム、オフシーズンの動き方も例年とは変わってくる可能性があるだろう。

DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた