J2岐阜が元シドニーのDF森安を獲得

Aリーグで2年間プレー
Jリーグ2部(J2)の岐阜は14日、元シドニーFCの日本人選手、森安洋文を獲得したことを発表した。

森安は1985年4月23日生まれの27歳で、ポジションはDFまたはMF。北信越1部リーグのJAPANサッカーカレッジ、JFLの三菱水島FCを経てオーストラリアへ渡り、セミプロリーグのAPIAライカート・タイガーズでプレーしたあと、シドニーFCと契約を交わして2010年から2年間Aリーグでプレーした。2011年にはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)にも出場経験がある。2011-12シーズンは出場機会が減少し、コンスタントにプレーできる環境を求めて今年8月に1年間残った契約を解消していた。

J2は全42節中32節までを終え、岐阜は現在22チーム中19位。14日に行われる第33節はアウェーで北九州と対戦する。