ヴァラン:「イエロと比較されることは光栄」

マドリーでの成長を感じ取る
今夏の移籍市場でランスからレアル・マドリーに加入したDFラファエル・ヴァランは、マドリーで過ごしたプレシーズンで早くも自身の成長を感じ取っているようだ。フランスU-21代表としても活躍する同選手には、マドリーのジネディーヌ・ジダンSD(スポーツディレクター)も高い評価を下している。

ヴァランは「マドリーでは、最終ラインから攻撃の起点になるためのファーストパスの役割を担うように指示されている。このプレシーズンで、僕は大きく進歩した」とマドリーでの充実した日々を満足げに語っている。

ヴァランは、未来のマドリーのディフェンスリーダーを担うことが期待されている。そのため、マドリーで一時代を築いた元マドリーDFフェルナンド・イエロ氏と比較されている。本人は、そのような期待を歓迎しているようだ。また、ジョゼ・モウリーニョ監督との関係も良好であることを示している。

「イエロは、偉大な選手だった。彼と比較されるなんて、光栄だよ。でも、僕はまだ何も証明していない」

「モウリーニョは、父親のような温かさで僕に接してくれる。彼からは、ディフェンダーとして何をすべきか指示を受けている」