イブラヒモビッチ、今季でPSG退団 「王としてやって来てレジェンドとして去る」

パリ・サンジェルマン(PSG)FWズラタン・イブラヒモビッチは、4年間過ごしたクラブを今シーズン限りで去ることになった。クラブおよび本人から発表が行われている。

今年6月30日で満了する契約を延長するのか、あるいはそのまま退団するのか、退団するなら新天地はどこになるのか――。様々な憶測を生み出していたズラタンの去就に、まずは1つの答えが出た。少なくとも、PSGでプレーを続けることはない。

退団発表に際し、イブラヒモビッチは次のようにコメントしている。クラブ公式サイトが伝えた。

「この4年間を本当に誇らしく感じている。ここで過ごしたすべての日々を愛おしく思う。PSGは過去数年間に国際的なトップクラブとなったが、僕もその変化に大事な役割を果たすことができた」

「今は新たな道へ進むときがやってきた。チームメートやテクニカルスタッフ、クラブ全体に感謝したい。僕の心はサポーターとともにある。フランスで最高のサポーターたちだ」

クラブはまた、イブラヒモビッチが現役引退後にはPSGにクラブ役員として復帰することに合意したとも明かしている。ズラタン自身も再会を約束した。

「『さようなら』ではなく、『また会う日まで』だ。王のようにここにやって来て、レジェンドとして去ることになる。だが、再び戻ってくるよ!」

母国のマルメに続いてアヤックス、ユヴェントス、インテル、バルセロナ、ミランでプレーし、いずれのクラブでもリーグタイトルを獲得してきたイブラヒモビッチは、2012年にPSGに加入。すでにトップレベルのスター選手だったスウェーデン代表FWは、ここでクラブとともにさらなる高みに達することになった。

PSGでは加入1年目から今シーズンに至るまでのリーグアン4連覇に大きく貢献。チャンピオンズリーグでの上位進出も含め、欧州のビッグクラブの一角として存在感を強めたクラブの象徴的存在であり続けた。

2012-13シーズンと2013-14シーズンにはリーグアン得点王および年間最優秀選手を受賞。昨シーズンはいずれも逃すことになったが、今季はすでに年間MVPを奪回しており、1試合を残して3度目の得点王も確実としている。

PSGではこれまで公式戦178試合に出場して152ゴールを記録しており、昨年10月にはクラブの歴代最多得点者となった。34歳となった今季の活躍は特に目覚ましく、リーグ戦35得点ですでにキャリアハイを更新するとともに、カルロス・ビアンチ氏の保有するリーグアンの年間最多得点記録にもあと1点に迫っている。

14日に本拠地パルク・デ・プランスで行われるリーグアン最終節ナント戦が、イブラヒモビッチのPSGでのホーム最終戦。さらに21日に予定されるフランスカップ決勝マルセイユ戦がクラブでのラストマッチとなる。最後にもう1つタイトルを加え、2年連続の国内3冠を置き土産とすることができるだろうか。