マルセイユ、今季2度目の監督交代 ミチェルを解任

マルセイユは19日、クラブ公式サイトを通じてミチェル監督(53)を解任したことを発表している。

マルセイユは今季リーグ戦で34試合消化時点で15位と低迷している。20日に現在唯一タイトルの可能性を残す国内カップ戦の準決勝ソショー戦を控えているが、その前日にミチェル監督の解任を決断した。

マルセイユは次のように公式声明を出している。

「この3週間の推移で、ミチェル監督との契約を解除することにしました。今シーズン終了までは、アシスタントコーチを務めていたフランク・パッシが指揮を執る予定です」

ミチェル監督は昨年8月にマルセロ・ビエルサ前監督の後任としてマルセイユに招へいされた。しかし、1シーズンもたずに解任の憂き目に遭っている。