低迷ニューカッスル、リーグアン得点王に大金用意?

プレミアリーグで降格圏に低迷するニューカッスルが、ビッグネームの獲得に動いているようだ。フランス『レキップ』は、ニューカッスルがリヨンFWアレクサンドル・ラカゼットの獲得を目指していると報じた。

昨シーズンのリーグアン得点王は、昨年夏にプレミア移籍が話題になった。しかし、8月にクラブと契約を延長して、噂に終止符を打っている。

だが、ニューカッスルは移籍金として2500万ユーロ(約32億円)を超える額を用意しているようで、リヨンは話を聞くつもりがあるという。ニューカッスルが移籍金を引き上げるなら、実現の可能性もあるのではないかと見られている。

ただし、自国開催のEURO2016を控えるラカゼットにとって、この時期の環境の変化はリスクを伴うだけに、これからの動きに注目だ。