アビダル、現役引退を発表 「個人的な理由」

今後についてまずは休養
元フランス代表DFエリック・アビダル(35)が19日、現役引退を発表した。

2000年にモナコでデビューしたアビダルは、リヨンで3連覇を経験するなど活躍。2007年に加入したバルセロナでは、リーガエスパニョーラ優勝4回、チャンピオンズリーグ優勝2回、コパ・デル・レイ優勝2回、クラブ・ワールドカップ優勝2回と、数々のタイトル獲得に貢献した。また、フランス代表として61キャップを記録している。

2011年3月には肝腫瘍で戦列を離脱。わずか2カ月で復帰したが、2012年3月に再び離脱して肝移植手術を受けた。その後、2013年夏にバルセロナを退団。古巣モナコを経て、今季はオリンピアコスに移籍していた。

そのアビダルは19日、アテネでの会見で次のように引退を発表した。UEFAの公式ウェブサイトが伝えている。

「個人的な理由で現役を引退する決断を下したことを公式に発表する。キャリアを通じて、自分は適切なタイミングがいつか分かっていることを示してきた。すべてのトッププレーヤーがそうであるようにね。今は、人生における新たなチャプターへと前進するときだ」

「この数カ月のサポートをオリンピアコスに感謝する。これまで仕事をしてきたすべての監督たちや、若いころから自分をケアしてくれたすべてのメディカルチーム、自分がプレーしたすべてのクラブに感謝している。忘れることのできない経験ができた。それはずっと大切にしていく」

スペインメディアでは以前から、アビダルが古巣バルセロナのアカデミーの幹部に就任すると報じられている。アビダルは今後について、バルサやオリンピアコスのスタッフとなる可能性があるとしつつ、まずは休養したいと語った。

「バルセロナからアカデミーでの仕事をオファーしてもらっている。今日まではオリンピアコスと契約をしていたが、彼らからもオファーを受けている。当面は、休んで、家族との時間を楽しみたい。それから今後について決める」