モナコ、ステケレンブルフをレンタルで獲得

フラムから移籍で「全力を尽くす」
モナコは9日、クラブの公式ウェブサイトで、フラムからGKマールテン・ステケレンブルフ(31)を獲得したことを発表した。1年のレンタル移籍となる。

昨年夏、ローマからフラムへ移籍したステケレンブルフだが、期待されたパフォーマンスを見せることができず。この夏はフェリックス・マガト監督が同選手の姿勢を批判し、本人が移籍を望んでいると明かしていた。

そのステケレンブルフが選んだのは、GKの補強が注目されていたモナコだ。背番号16を選んだ同選手は、クラブの公式ウェブサイトで、次のように喜びを語った。

「クラブのプロジェクトの一員になることができ、うれしく思っている。この新たなクラブカラーのために、自分のすべてを尽くすよ。僕は“テクニカル”なGKだ。チームを助けたい」

また、バディム・バシリエフ副会長は、次のように満足感を表している。

「これほど国際経験豊富なGKをさらに加えることができて、我々はうれしく思っている。彼はオランダ代表で2010年のワールドカップ決勝を戦った選手だ」