ニュース ライブスコア

ファルカオの手術が成功 W杯出場の望みは?

モナコのコロンビア代表FWラダメル・ファルカオは、25日にポルトガルのポルトで負傷した左ひざの手術を行い、無事に成功した。

ファルカオは22日に行われたクープ・ドゥ・フランスの試合で左ひざの前十字じん帯を負傷。通常であれば復帰に6カ月から7カ月程度は要する負傷であり、6月に開催されるブラジル・ワールドカップ(W杯)への出場は難しいとも見られる。

だが手術を担当したホセ・カルロス・ノローニャ医師は、W杯出場の望みは決して低くないと前向きな見通しを述べている。各国メディアが同医師によるコメントを伝えた。

「手術は順調に済んだ。トンネルの出口に見える光は小さなものではない」

「少し大げさかもしれないが、ブラジルへ行ける可能性は50%だと私は考えている。一歩一歩進んでいかなければならない。3カ月半後にはもう少し確かなことが言えるだろう」

ファルカオは今後ポルトガルでリハビリを開始し、数週間後にモナコへ戻ってリハビリを継続する予定となっている。