イブラがまたペップ批判 「素晴らしい監督だが臆病者」

モウリーニョには称賛
パリ・サンジェルマンFWズラタン・イブラヒモビッチは、バルセロナに在籍していた際の指揮官だった現バイエルン・ミュンヘンのジョゼップ・グアルディオラ監督を改めて批判している。

2009年にバルサに加入し、わずか1年でチームを去ったイブラヒモビッチは、グアルディオラ監督との確執がよく知られている。ドイツ『シュピーゲル』によるインタビューで、同選手は次のように語った。

「彼は素晴らしい監督だけど、臆病者だ。男じゃない。『タマ無し』だ。僕は(リオネル・)メッシのために犠牲にされたが、監督には僕にそのことを伝える勇気がなかった」

イブラヒモビッチはまた、インテル在籍時に1年間一緒だった現チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督との比較の上でグアルディオラ監督について次のように述べている。

「完璧であろうとするグアルディオラとは違って、モウリーニョはある役割を演じようとする必要がない。タイガー・ウッズも完璧でありたいと望んでいたが、何が起こったか見てみるといい。グアルディオラにも同じことが言える」

「モウリーニョは様々な個性を持った選手たちを管理することができるし、いつも厳しい挑戦に立ち向かってきた。今のチェルシーでもそうだ。一方で、グアルディオラはそういうものを避けている」

バイエルンの監督に就任するという選択も、挑戦を避けた結果だったとイブラヒモビッチは主張する。

「なぜグアルディオラがバイエルン・ミュンヘンを選んだかって? 彼がいなくても完璧に機能していたチームだからだ。すでに完成されたチームだった。彼は新しい選手たちを加えたが、必ずしも必要ではなかった」

将来的にバイエルンでプレーしたいかどうかと質問されたイブラヒモビッチは、「もちろん、グアルディオラがいなくなった後ならね」と批判を貫いている。