イブラはPSGからの移籍を希望?

マドリーやシティ行きの報道も
スウェーデンメディアによると、パリ・サンジェルマン(PSG)のFWズラタン・イブラヒモビッチが、この夏の移籍を決断したという。レアル・マドリーやマンチェスター・シティへの移籍が注目されているようだ。

スウェーデン『Aftonbladet』の報道として、複数のイタリアメディアが伝えたところによると、マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督は、昨季指導したイブラヒモビッチの加入を望んでいるという。『Aftonbladet』は、同監督に近い関係者が、次のように話したと報じている。

「アンチェロッティはイブラを望んでいる。彼が勝者であることを知っているんだ。乗り越えなければいけないハードルはあるが、それは不可能なことではない」

さらに、『Aftonbladet』は「以前のイブラは迷っていたが、今は100%決めている。(代理人のミーノ・)ライオラ氏はメディアに、イブラがPSGに残ると話しているが、本人は6月から新シーズンに向けて疑問を呈していた」と伝えた。

一方、フランス『レキップ』によると、ライオラ代理人はマドリーのほか、シティともイブラについて話したという。イブラがアンチェロッティ監督を追ってマドリーへ移籍する可能性、あるいはイングランドに初めて上陸する可能性はあるのだろうか。